AML RISK TRACKER

 
推奨動作環境:Google Chrome

AML/CFT関連ニュース
配信サービス


各金融機関においては膨大なソースの報道の中から信憑性の高いニュースを定期的に収集する態勢の構築が求められており、特に規制当局、当局情報・規制動向や高リスクに分類されるコルレス先金融機関について追加情報の取得を適時・適切に実施する態勢を構築する必要があります。
本サービスでは国内外の金融機関に係るAML、経済制裁、贈収賄事案に係る重大ニュースの週次での配信に加え、緊急性の高いニュースについては随時、速報ベースで配信致します。

AML/CFT関連ニュース
配信サービス

AML/CFT関連ニュース配信(週次)

: AML、経済制裁、贈収賄、脱税、その他マネロンの前提犯罪に繋がる事案を幅広く調査します。

AML/CFT関連ニュース配信

高リスクに分類される可能性のある金融機関のニュースの四半期毎の取り纏めをお送りします。

コルレスKYC評価業務支援サポート

2014年FATF対日声明にみられるように本邦国内金融機関におけるマネー・ローンダリング、テロ資金対策に対する強固な態勢整備が国際的要請の下、急務となっています。その中でも前回のFATF対日相互審査の評価で特に厳しい評価を受けたコルレス先の評価及び既存コルレス先との関係見直し(ディリスキング)は急務となってます。

コルレスKYC評価業務支援サポート

コルレスKYC評価業務の必要性の背景

コルレスKYC プロジェクトプロジェクト・アプローチ

コルレスKYC評価作業フロー

運営チーム

山﨑 聡

ディレクター

複数の欧州系大手金融機関にて金融商品開発業務、金融犯罪対策コンプライアンス業務に長く携わる。直近は欧州系最大手金融機関在日支店でAML/経済制裁対応態勢整備及び関連業務全般を担当。本邦国内法規制はもとより海外AML/CFT関連法規制(主にUK、US、HK)に精通。大手監査法人にて本邦国内大手金融機関向けAML/CFT関連プロジェクトに多数参画。特に海外コルレス契約締結先金融機関の評価業務支援に強みを持つ。The Chinese University of Hong Kong (CUHK Business School) 修了。

篠原 肇

アソシエイト

ITシステム、サイバーセキュリティ、マネーロンダリング・反テロ資金供与などのプロジェクトに関連したコンサルティング、システムのデザインや構築・運用および、モデリング・統計的解析を含むデータサイエンス業務に従事。公認アンチマネーロンダリングスペシャリスト(CAMS)。PhD(博士号, 量子物理学, ケンブリッジ大学)

金融機関においてリスク管理業務に従事する方々には「初月無料トライアル」として、無料でパスワードを発行しますので、ご希望の方は以下お問い合わせよりご相談ください。

お問い合わせ

AML/CFT NEWSへのお問い合わせは以下のフォームよりお問い合わせください。